25歳このままでいいのか?まだ間に合う思った今がチャンス行動を!

25歳このままでいいのかと思った時にやることを紹介 年齢の悩み

25歳といえば若いけれど恋愛・結婚・仕事・生活の面で同期と差が出てきて、漠然と「自分はこのままでいいのだろうか…」と悩む時期ですよね。

「結婚願望はないけれど同期が次々と結婚・出産していくことに、なんとなく不安を感じる。」

「人生一度きりならここで好きなことをやっておきたいけれど、受身的で自分から行動できない。」

こんな悩みをお持ちの方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では「25歳このままでいいのか?まだ間に合う思った今がチャンス行動を!」ということで具体的な方法を提案しています。

自分に合うものからでいいので提案している内容を実際に生活の中に取り入れてみられると、あなたが今抱えている「このままでいいのか」という焦りや悩みを軽減できるお手伝いになると思うのでぜひ最後まで読んでみてください!

25歳このままでいいのか?

「25歳このままでいいのか」と思って検索したあなたは、今がチャンスです!

沢山の25歳の人は、「このままでいいのか」とも考えず何となく日々を過ごしています。

25歳はまだ若く、行動するには最高の年齢です。

とは言え、何をどうやっていいのか分からないという方が大半だと思います。

逆に「何かやりたいことがある」という方は、今すぐ「行動」したほうがいいです。

「何をどうすればいいのか分からない」という方は、まず人生のロードマップを作りましょう!

ゴールを最初に明確にするのです。ゴールが無いから「25歳このままでいいのか」と悩むのです。

例えば、30歳までに月収100万円を稼ぐなどいつまでに何かを達成するでもいいですね!

人生のゴールが決まったら、ゴールに向けて何をすべきか自分の頭で考えて行動します。

藻掻くのです。藻掻いて行動し続けると、必ずある日、光が差します。

ゴールが分からない人には、エンジニアがおすすめです。25歳からだと充分に始めることができます。

プログラミングスキルは応用ができるので身に着けておいて損はないです。

カウンセリングは無料なので興味ある方は受けてみてくださいね!

TECH::CAMPの即戦力エンジニア養成プログラム【TECH::EXPERT】

人生変わるかもしれませんよ!

習慣化は簡単

習慣化は21日で身につくといわれていて、私も実際に経験しています。

最初の21日が長く感じて簡単ではないのですが、21日間で確かに気持ちに変化が現れました。

ここさえ乗り切れば案外どうにでもなります!

習慣化が難しい人は強制的に習慣化してもいいですね!

25歳このままでいいのかと思った時にやるべきことー1.とことん悩み切る

それではさっそく、25歳でこのままでいいのか悩みを抱えている方へ向けてやるべきことをご紹介していきますね。

まずおすすめしたいのは、悩みから目をそらさず自分が何に悩んでいるのか外在化してみることです。

外在化とは心理学の用語で、もともとは内にあったのもを外に出すという意味です。

意義の一つとして、「自分」が問題なのではなく、外在化された「ものの捉え方」が問題なのであると認識しなおせるということがあげられます。

それでは以下に「悩み切る」ための手順をお伝えします。

①悩む時間を決める

自分の悩み向き合うことは思っているよりも時間とエネルギーを要します。

時には自分のコンプレックスと向き合わないといけないこともあるでしょう。

なので最初に「今日はこの悩みを考えるのに20分使う」というように時間の限界を設定してから取り組むことをお勧めします。

悩む時間以外はそのことを考えないと決めておきましょう。

20分で書き切らない分は次に持ち越していいです。

20分で書ける内容でいいです。

時間設定をしないと、だらだらと一日中悩むことにとらわれてしまって精神的に疲れてしまいます。

まずは時間設定することが正しい悩み方のコツ1つめです。

②紙に書きだす

次に紙とペンを用意して悩みを書き出してみます。

最初は難しいと思いますが誰に何を思われるかなど気にせず思ったままに自分の言葉で悩みを書き出してみましょう。

途中で「こんな悩み贅沢なのかな…」「こんな悩みを持ってる自分は変なのではないか…」などの気持ちが出てきたら、それもそのまま書き出しておいたほうがいいです。

人に言いにくいことこそ先に書き出す、思ったこと感じていることをそのまま書き出すというのが大事なコツです。

ちなみにこの作業をする際はながら作業はお勧めしません。

集中できる場所で、できれば同じ場所同じ時間帯、決まった曜日になどを設定して取り組まれることをお勧めします。

③時間をおいて見直す&書き足す

時間設定をしっかり守りながら、②を少し時間をおいてから見直す、書き足すを繰り返してみましょう。

一度書き出してみて形になった悩みをみて「自分はこんなことで悩んでいるんだな」「この悩みに対してこんな気持ちを持っているんだな」と認識することができたでしょうか?

自分の中に眠っていた思いを客観的に見てみて、少しすっきりされる方もいらっしゃるかもしれません。

できれば「もう悩みだし切ったな」と思うまで続けてほしいところですが、途中で気持ち的にきつくなったりしたらそこで止めておくのも大事です。

日常生活とのバランスも考え、自分が悩むことに使える時間とそれに伴う精神的な疲労を意識しておきましょう。

またここで注意しておきたいのは自分が書きだしたことを自分で否定や批判しないということです。

あまりにも否定や批判が止まらないという方は、資格を持った専門職(公認心理師など)にコーチングしてもらうことをお勧めします。

25歳このままでいいのかと思った時にやるべきことー2.軸を自分に戻す

そして25歳このままでいいのかという悩みを抱えている方へ次にお勧めしたいのが、「軸を自分に戻す」ということです。

他人からどう思われるのかでは無く、自分はどうしたいのかという風に「軸を自分に戻す」が重要です。

以下に「自分の軸に戻す」ための手順をご紹介します。

①他人と比べて悩んでいるものをピックアップ

紙に書きだしていただいた悩みを見て、世間の価値観や他人と比べて悩んでいるものをリフレーミングしてみましょう。

リフレーミングとは、ある枠組み(フレーム)でとらえられている物事を枠組みを外して、違う枠組みで見ることを指します。

要は、悩みを違う視点からとらえなおすということです。

例えば

  • 友達が次々結婚していくのに自分は彼氏もいない
  • ほかの人には没頭できるものがあるのに自分にはない
  • 外向的な人に憧れる、内向的な自分はダメだ

という悩みがあったとします。それを、

  • 彼氏もいないし結婚の予定もないので時間やお金を自分のために使える
  • まだ没頭できるものがないからこそ、これから一つ一つ試してみる楽しみがある
  • 内向的な自分は内省が得意で、自分とよく向き合える

というように言い換えてみるのです。

ネットにリフレーミング辞典というものがあるので参考にされるといいかもしれません。

〇リフレーミング辞典

http://www2.gsn.ed.jp/houkoku/2011c/11c31/siryo/reframing.pdf

②自分の好きなことや強み、得意分野を把握する

軸を自分に戻すうえで自分の好きなことや強み、得意分野を把握することは必須です。

なかなか思いつかない人は以下の質問に答えてみましょう。

(1)今までにお金や時間を費やしてきたことは?

例)推し活、読書、お菓子作り、YouTubeの動画を見る、資格試験の勉強

(2)過去にはまっていたことは?

例)好きなアニメのカード集め、ジャニーズのライブに行く、部活

(3)自分の得意な教科は?

例)美術、家庭科、数学、体育

(4)周囲の人から褒められてきたことは?

例)服のセンスがいい、お金の使い方が上手、片づけはできないけど頭はいい

(5)これから勉強したいことは?

例)エステ、FP、占い、宅建

(6)自分が”トキメキ”を感じるもの・ことは?

例)海外のエキゾチックな雰囲気、バイクの雑誌を眺めているとき、釣りで大物を釣った時

(7)今後大切にしていきたいことは?

例)自分の自由な時間、お金、健康、自己投資

(8)理想のライフスタイルは?

例)残業なしの仕事、週末婚、週休2日、セミリタイア

(9)調べても苦にならないことは?

例)芸能人のゴシップ、ライフハック、教育関連

(10)インスタやツイッターでフォローしているのはどんなジャンル?どんな人?

例)K-POP、動物、家電、スポーツ

いかがでしょうか?

どのくらい書き出せましたか?

25歳このままでいいのかと思った時にやるべきことー3.継続する

自分の好きなこと・強み・得意分野をある程度把握できたところで最後にお勧めしたいのが、「継続する」ということです。

楽天の三木谷さんが言っていたのですが、「毎日1%だけ成長しようとすると1.01の365乗で、1年でおよそ37.8倍も成長できる計算になる。」

ほんの少しでも成長していけば、いつか目標にたどりつくことが出来そうですね!

以下にそのために必要なことを書いていきます。

現実を踏まえたうえで目標を立てる

まずは現実を踏まえて目標を立ててみましょう。

現実的には目標を実行するための予算、時間、体力など制限がかかりますよね。

自分の中で理想としていた形から現実的なものへ修正していくときには何かを手放さなければならないのでつらい作業だと思います。

無理せずゆっくり取り組んでみてくださいね。

現実的な目標ができあがったらその目標をPDCAのサイクルで回していきます。

PDCAとはPlan(計画)、Do(行動)、Check(振り返り)、Act(改善する)の頭文字をとったビジネス用語です。

立ててもらった目標を実行してみたら「予想していたより費用がかかるな」ということも起こりえますし、「これはなんだかイマイチだった」ということもあるでしょう。

そうしたら次はサイクル通りにより自分に合う形へと改善していけばいいのです。

とにかく、自分の好きなこと、強み、得意なことを活かした活動を”続ける”というのが何よりも大事であることを覚えておいてください。

ちなみに続ける上でのコツは周りから良いフィードバックをもらうことです。

25歳女性このままでいいのか焦る!悩んだ時にやるべきこと まとめ

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

ここまで読んでこられていかがだったでしょうか?

今回の記事内容をまとめると、

25歳このままでいいのか悩んだ時にすることは

  • とことん悩み切る
  • 軸を自分に戻す
  • 継続する

の3つです。

自分にとって楽しいことから世界を広げていくと、その活動をしている間に「このままでいいのか」という悩みから自由になっていることに気づくはずです。

もちろんすぐにそうなるわけではありませんが、続けていくと次第にそうなります。

皆さんが自分らしい何かを見つけて、自分のペースで楽しく過ごされることを応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました