東京ドームのバルコニー席がジャニーズライブで当選!他の席も調査!

東京ドームバルコニー席 ジャニーズ

東京ドームのバルコニー席とはどんな席なのでしょうか?

東京ドームといえば野球観戦がメインですが、もうひとつは、アイドルグループや大物アーテイストのライブ会場としても良く使用される場所ですよね。

東京ドームのバルコニー席について、ジャニーズのライブで当選した時、見え方はどうなのでしょうか?

今回は東京ドームのジャニーズのライブでバルコニー席からの見え方や他の席についても調査しました。

東京ドームのバルコニー席とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

かめ(@uver5794)がシェアした投稿

東京ドームのキャパシティーは55,000人と言われていて、コンサートのステージの作り方で人数も変動されるようですが、それでも40,000人から50,000人ほどの収容人数があるビッグ会場です。

そのなかでのバルコニー席はどの辺りなのでしょうか?

(引用:東京ドーム

東京ドームのバルコニー席1階席と2階席の間にある席で上の図でいうとピンクの色の辺りになります。(わかりにくいかたは公式の方でご確認下さいませ。)

このバルコニー席は通常の席よりも満足度の高い席種となっていて貴賓席として主に利用されるため、一般利用者に開放されることはほとんどないそうです。

野球観戦の時は「プレミアムラウンジ」とよばれていて年間契約金額は1番高額なシートで約250万円、安くても130万円もする貴重な席です。

「バルコニー席」は座席数も4列ほどで限られているため、なかなかハードルが高いので、ライブに当選されてバルコニー席が当選した方はとてもラッキーだといえるのではないでしょうか?

バルコニー席はライブを楽しむには不向きと感じられるかたもいるようですが、逆にバルコニー席でしか楽しめないこともあるようなので、バルコニー席の特徴をメリット、デメリットで分けてご紹介させていただきます。

東京ドームのバルコニー席のメリット

  1. 入退場がスムーズにいく。
  2. 専用のテーブルがある。
  3. 椅子の座り心地が良い。
  4. トイレが混雑しない。

東京ドームのバルコニー席のデメリット

  1. 見え方が残念なことがある。(頭上に天井席があるため天井席のせりだしによって一部の演出が見えずらいこともあるようです。)
  2. 閉塞感を感じる場合がある。(天井が低いのでスタンド席と比べると閉塞感を感じられる方もいるようです。)
  3. 盛り上がりに欠ける。(バルコニー席は独立した作りになっているためスタンド席のようなステージとの一体感を感じるには少々物足らないと感じるかたもいるようです。)
  4. 最前列は着席限定。

東京ドームバルコニー席までの行き方

東京ドームの「バルコニー席」への行き方はあまり使われていない30番代ゲートが入り口になっています。

東京ドームの正面の22番ゲートの階段を上り3階のゲートに進みます。1塁側が「30,31ゲート」3塁側が「32,33ゲート」から入場します。

東京ドームジャニーズのライブでバルコニー席が当選した人の声

「バルコニー席」でも「ファンサしてくれた」「お顔が見えなかったけど一緒に楽しめました」という声もあるなか逆に「見えなかった」という方もいました。

「バルコニー席」のなかでもアーティストが違ったり、演出の違いや座る位置で感じ方も違うのかもしれませんね。

バルコニー席で見学している他のジャニーズのメンバーに会える?

東京ドームのバルコニー席では他のジャニーズのメンバーが見学していることもあるようですよ。

ほとんどの人がステージに集中していて周りに目がいくことはあまりないと思われますが東京ドームならそんなラッキーなこともあるんですね。

東京ドームのバルコニー席はジャニーズに限らず芸能人が来ていることが多いようですね!

「バルコニー席は」は関係者席ともいわれているので、運がよければ他のジャニーズのメンバーをお見かけできることがあるかもしれないですね!

なおさら「バルコニー席」を当てたいとこですが、こればかりは運なので、ライブに行けるだけでも良しということで、続いては「バルコニー席」以外の席からの見え方もどんな感じなのか探ってみました。

ジャニーズのライブバルコニー席以外の席の見え方は?

ジャニーズのライブで「バルコニー席」よりも当選の確率が高いのはやはり「アリーナ席」と「スタンド席」ですよね。

アリーナ席が当たるとうれしいですが、反面場所によっては全く見えなかったという声も沢山聞かれました。

東京ドームのアリーナ席は見えない?

ジャニーズの出演アーティストによってもそれぞれステージが変わりますが、ジャニーズのライブではメインステージから花道もあり、真ん中とバックにもステージがあることが多いので、一番前列でも後列になることもあります。

「アリーナ席」でも双眼鏡がいるという声もありました。

東京ドームのアリーナ席も「見えない」こともあるようです。

「アリーナ席」の難点は座席に段差がないので背が低い人にとってはスタンド席のほうがいいという方もいるかもしれません。

ですが、ジャニーズのライブの特徴はなんといっても演出の凄さなので、後ろの方やアリーナ席の端の方まで楽しませてくれます。

スタンド席からの見え方

  • 「スタンド席」1階席は「20~24ゲート」から入場します。

「スタンド席」1階席は、前列の方はライブの途中や後半にもトロッコに乗って近くを通ってくれることがあるので、比較的観覧しやすい席になります。

段差もあるので前の方が背が高くてもさほど気になりません。

「スタンド席」1階後列の方になると双眼鏡は必須アイテムになるでしょう。

 

  • 2階席は「40ゲート・41ゲート」から入場します。

「スタンド席」2階席はステージからは距離がありますが、会場全体を見渡せるというメリットもあります。

ステージからの近さで言えば1階席よりも遠ざかりますが、会場との一体感は十分味わう事ができます。

東京ドームのバルコニー席とは?ジャニーズのライブで他の席も調査!まとめ

東京ドームの「バルコニー席」についてや「アリーナ席」「スタンド席」について見え方をご紹介しました。

「東京ドーム」のジャニーズのライブを初めて行かれる方に少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

結論としては東京ドームのジャニーズのライブは、多少見えにくい席もありますが、どこの席でも楽しませてくれる演出が待っていますので、「行って良かった~」「次も又行きた~い」という気持ちになる方がほとんどだと思います。

コロナ過で一時期は、ライブ自体もできなかったので、配信などで楽しませてくれていましたが、またライブが次々開催されてきてるのファンにとっても嬉しいことですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました