雲母翔太(きらしょうた)の所属事務所は?演技力や年収も調査!バチェロレッテ2

雲母翔太のアイキャッチ画像 バチェラー・バチェロレッテ

「バチェロレッテ2」に出演が発表され、公式動画で話題になっているモデルで俳優の雲母翔太(きらしょうた)さんは、チェックしましたか?

現在劇団員として活動されている雲母翔太さんの所属事務所はどこなのでしょうか?

インパクトのある名前ですが、知名度はまだあまりない雲母翔太さんの所属事務所、演技や年収について調べました。

バチェロレッテ2雲母翔太(きらしょうた)のプロフィール

名前 雲母翔太(きら しょうた)
誕生日 1994年5月8日
年齢 28歳(2022年6月現在)
身長 180cm
出身地 北海道函館市
職業 劇団員
趣味 キャンプ・アウトドア・バイク

雲母(うんも)と書いて(きら)と読むなんてかっこいいですね。

初見では(きら)と読めるかたは少ないと思うので「うんも しょうた」と勘違いされてしまうこともありそうですよね。

余談ですが、「雲母」という苗字はやたら”かっこいい”苗字ランキング2位だそうです。

芸名なのかと思うほどかっこいい苗字ですが、本名だそうですよ。

趣味はキャンプやアウトドアにバイクアクティブな趣味をされていて、一緒に楽しんでくれそうなイメージがあって、率先して火起こしとかしてくれるとポイント高いですね。

インスタのプロフィールには「夢は自分のキャンプ場を作ること」とあり、かなりのキャンプ好きなのが分かりますね。

インスタにもキャンプについての投稿が多くあり、おいしそうなキャンプ飯もたくさんありました。

北海道出身でご実家は昆布漁師をされています。

出演されていた「イケ男(メン)おもてなしキャンプ」でもご実家から送られてきた昆布を使われていたようです。

インスタアカウント:@syota_kira

Twitter:@syota_kira

 

雲母翔太(きらしょうた)の所属事務所は?

雲母翔太「Uzume」の画像

現在は、劇団「Uzume」に所属されています。

「Uzume」は、2016年に代表村松洸希さん・雲母翔太さん・佐野雄介さんが立ち上げられた劇団です。

個性が混ざり合い、スタイルに囚われない、力強くスピード感のある作品を作ること、「虚構とリアリズムの融合」をテーマに活動されています。

2017年に第3回公演された「私、雨が見えるまで」は、雲母翔太さんが脚本・演出を手掛けられています。

俳優だけでなく、脚本から演出までできるなんて多才な方ですね。

「Uzume」:https://www.officeameno.com/

 

雲母翔太(きらしょうた)の演技力

CM、ドラマ、舞台と幅広く出演されている雲母翔太さんですが、ドラマでは不良役が多かったようでインスタプロフィールにもある「熱血俳優」の通り、男気のある役が多いようです。

「Uzume」の公式youtubeにあった雲母翔太さん演技動画は、ショートホラーということもあってセリフはほぼなく目の動きや表情のみといった難しそうな演技をされていました。

目力が強く、見入ってしまう演技をされていてもっと他の演技も見てみたいなと思える俳優さんでした。

「バチェロレッテ2」をきっかけに知名度が上がり、舞台だけでなく地上波のドラマでも活躍が期待されそうです。

以下に雲母翔太さんの出演歴をいくつか紹介しておきます。

CM

  • 2017年 「TOSHIBA LIFESTYLE lab」
  • 2017年 「ブルボン」AD役
  • 2017年 「夜マック」ラグビー部員役

ドラマ

  • 2015年 NTV 「ワイルドヒーローズ」EX不良役
  • 2017年 NTV 「奥様は、取り扱い注意」#5 暴走族役
  • 2017年 Netflix 「グッドモーニング・コール~Our Campus Life~」#2 キスするカップル役EX
  • 2020年「花と雨」(映画)
  • 2020年「恋は続くよどこまでも」宇野誠役
  • 2020年「知らなくていいこと」

舞台

  • 2017年Uzume第3回公演「私、雨がみえるまで」 作、演出 雲母翔太
  • 2016年Uzume第2回公演「ゼロ式」ダンボ役 演出 田中しげみ
  • 2016年Uzume旗揚げ公演「屋根の下に咲く花」小野寺一初役 作、演出 雲母翔太 村松洸希
  • 2015年「三日月のみみず荘」渡辺聡美役
  • 2015年劇団居酒屋ベースボール「雨ウツ音ナリツヅ9日々」笠八フサト役

雲母翔太(きらしょうた)の年収は?

 

劇団員が職業の雲母翔太さんですが、劇団員の年収ってどのくらいなんでしょうか?

「劇団四季」や「宝塚歌劇団」は知名度のある大きな劇団ですが、平均年収は準主役の方で約500万ほどのようです。

となると、それよりも低い年収になりそうです。

コロナ禍もあり、劇場での公演ができなかった時期もあるでしょうしその間は収入が見込めなかったとなるとアルバイトをして生計を立てていた可能性もありますね。

ただ、インスタを見てみると趣味であるハーレーダビッドソンとの写真も多く投稿されていて大型バイクは維持費も高く掛かるはずなので、収入の面では劇団員とは別にあるのかもしれません。

自身の劇団で脚本と演出をされているので、そこからの収入もあれば400万以上あるかもしれないですね。

 

雲母翔太(きらしょうた)の経歴は?

 

  • 6歳からサッカーを始める
  • サッカーで旭川実業高校へ進学
  • 中央学院大学へ進学
  • 2015年、オリオンズベルトに所属し俳優を志す
  • 2016年、「Uzume」を立ち上げる
  • 2017年、Uzume第3回公演「私、雨が見えるまで」で脚本・演出を手掛ける
  • 2018年、「イケ男(メン)おもてなしキャンプ」レギュラーメンバー
  • 2022年、オリオンズベルト退所

俳優を志す前はサッカーの名門校である旭川実業高校から中央学院大学へ進学プロを目指していたようです。

キーパー歴は14年で、

  • 全国高校サッカー総体2回戦出場
  • 全国高校サッカー選手権大会ベスト16位
  • 高校サッカー最高リーグ「プレミアリーグ」参入

と、なんとも素晴らしい経歴ですね。

ただ、大学在学中にサッカー選手への夢を諦め俳優の道へ進むことを決められたようです。

また、趣味であるキャンプの知識を大いに生かせる「イケ男(メン)おもてなしキャンプ」というキャンプ番組にも出演されていたりと好きなことでも仕事ができるのは雲母翔太さんも嬉しかったのではないでしょうか?

 

雲母翔太(きらしょうた)の学歴は?

高校は出身地である北海道の旭川実業高校でサッカーをされていました。

高校の偏差値はコースによって異なるようで44~65とかなりの幅があります。

その後大学は、千葉県にある中央学院大学に通われていました。

偏差値は42~52となっています。

どの学部を専攻されていたかは分かりませんが、サッカー推薦で入った可能性もありそうですね。

 

雲母翔太(きらしょうた)の所属事務所は?演技力や年収も調査!バチェロレッテ2まとめ

 

どうでしたか?

「バチェロレッテ2」のYoutube動画を見ても、「熱い男」な雰囲気が強い雲母翔太さん。

なんてったって、キャッチフレーズは「たぎり散らかっているオトコ」

アウトドアや料理ができることを武器にしていくのか?

男らしい一面が見られたら、今後女性ファンが増えそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました