祖父母おもちゃ買いすぎで困る!親の本音や対処法を調査!

祖父母おもちゃ買いすぎで困るのアイキャッチ画像 出産・育児

子供が生まれると、祖父母(親の両親)との関係が少し変わったという人いませんか?

自分にはとても厳しかったのに、孫には激アマでおもちゃを買いすぎて困っているという話を度々ママ友との話題の中に出ることがあります。

買ってくれるのは、ありがたいと思いつつ祖父母のおもちゃ買いすぎには正直本当は困っているという親も多いのでは?

と思い、親世代の本音や祖父母のおもちゃ買いすぎに対する対処法を調査しました。

良好な祖父母との関係を築くための参考になればと思います。

祖父母おもちゃ買いすぎで困る!親の本音は?


祖父母が孫のためにおもちゃを買いすぎて困っている親は意外と多いようです。

実は私もその内の一人だったりします。(笑)

買ってくれることは有難いことだと思ってはいますが、祖父母に言えばなんでも買ってくれると知恵が付き始め買い物へ行く度にねだることが増えた時期がありました。

そうなると、祖父母は『欲しいなら買ってあげる』となってしまいますよね。

買ってあげると、嬉しそうにしている孫の顔を見て祖父母はとても満足気……。

でも、『このおもちゃを買ってもらっても、数日後には遊んでないだろうなぁ』と思ったり『買い与えすぎは教育に悪いのでは?』と考えてしまうことも多々あり悩んだ時期もありました。

祖父母のおもちゃ買いすぎに親の本音は?

そこで、世の親たちの祖父母のおもちゃ買いすぎに関しての本音はどうなのか調べてみました。

  • おもちゃの買いすぎは教育に悪いと思っている
  • おもちゃの買いすぎは子供がいつでも欲しいものが手に入ると思ってしまう
  • おもちゃの買いすぎは物を大切にしない子に育つかもと思ってしまう
  • おもちゃで部屋が溢れてしまう
  • 金銭的にありがたい

目立ったのはやはり、買いすぎはよくないのでは?と思う親が多いということでした。

子供へのおもちゃの買い与えへの考えは、親と祖父母では全く違うと思います。

自分の時は厳しかったのに、孫となると甘くなりすぎだと感じる人も多いのでは?

祖父母がおもちゃを買いすぎるのは孫を愛してくれているからだという思いも親は理解しています。

祖父母がおもちゃを買いすぎてモヤモヤした気持ちがあるなら、子供へのおもちゃの買い与えの方針を祖父母に伝えておくのも必要かもしれません。

祖父母おもちゃ買いすぎで困る!対処法は?

かわいい孫におもちゃを買いすぎる祖父母に困っている親へ向けていくつか対処法を紹介します。

祖父母によって、どんな対応が適しているかは様々だと思うので自分の祖父母に当てはめてみてくださいね。

親である私たちが大事にしないといけないのは、祖父母がおもちゃを買いすぎるのは孫を想ってくれているからこその行為だということです。

くれぐれもショックを与えないような対処ができると良いですね。

特に自分の親にはキツク言ってしまうことも多いと思うので気をつけましょう。

欲しいものをあらかじめ伝えておく

祖父母が自分で選んで孫の為に買いたいと思う気持ちも分かりますが、対象年齢とは違いすぎたり全く興味のないおもちゃが届くと親としてはかなり困ってしまいます。

我が家では、事前に「今これにハマっているから」と伝えこちらで購入したものを祖父母宅へ送り持ってきてもらうようにしています。

祖父母は孫の欲しいおもちゃを買ってあげられるし、親も苦にはならないと思います。

祖父母の家へ置いておく

長期休暇中、祖父母の家へ帰省すると必ずそこでおもちゃって増えますよね?(笑)

帰りは大荷物になることありませんか?

そんな場合は、子供に確認した上で実家に置いておくのがいいと思います。

どうしても子供が持って帰りたいとなった場合は仕方ないかもしれませんが、「今度、祖父母宅へ帰った時に遊ぶおもちゃが何にもないよ」と伝えると意外と置いておくことができますよ。

祖父母にも、また実家へ帰ってきてくれるんだという嬉しい気持ちも持ってもらえると思います。

おもちゃ以外をお願いする

おもちゃを買って孫の喜ぶ顔がみたいのが祖父母ですよね。

ただ、親としては増え続けるおもちゃは時にストレスになります。

せっかく祖父母が買ってくれたおもちゃを、子供が雑に扱っていたり片付けをしなかったりしているのを見ると残念な気持ちにもなります。

そんな時、おもちゃじゃなくて別のものをお願いするのもいいと思います。

絵本や図鑑、洋服を買ってもらったり祖父母と一緒にお出かけを提案してみるのはどうでしょう?

絵本や図鑑は子供が大きくなってからでも十分利用できますし、洋服は子供と一緒に買いにいけばそれだけで祖父母は嬉しいものだと思います。

子供が鉄道や動物、植物にハマっているなら博物館や動物園、植物園などに祖父母も一緒に行って思い出を作るのも素敵だと思います。

祖父母と一緒に出掛けた記憶は、親も子供も覚えていることが多いので数年後に思い出話として幸せな気持ちになること間違いなしです。

祖父母おもちゃ買いすぎで困る!買い控えてもらうべき?

祖父母がおもちゃを買いすぎて困る場合、買い控えてもらう必要はないと思います。

勝手に買われてしまうと、親はストレスを感じてしまいがちなのでしっかりと気持ちは伝えるべきです。

きっと分かってくれますよ。

おもちゃの買いすぎで困る場合絵本や洋服、思い出へと少しだけでも変えてもらうだけで親としてはモヤモヤが解消されるはずです。

買い与えなさすぎというのも、子供が大きくなったときに我慢しすぎていたストレスが爆発し管理ができなくなることもあるようなのでそこは注意しましょう。

父方は買ってくれなくて、母方は買ってくれるという差ができてしまうと子供は自分に良いほうへ優劣を付けてしまい懐き方も変わってしまう場合があります。

難しいかもしれませんが、バランスよく両家からおもちゃを買ってもらうように親で擦り合わせをしておくのがよさそうですね。

あとは、最近知育玩具のレンタルサービスを祖父母にお願いしている親が増えているようなのでそういうのも活用してみるのもよさそうですね。

祖父母おもちゃ買いすぎで困る!親の本音や対処法を調査!まとめ

祖父母がおもちゃを買いすぎる気持ちが分かるからこそ、困ってしまう親が多いことがわかりましたね。

親の方針をしっかりと祖父母へ伝えた上で、おもちゃの買い方は相談するのがよさそうです。

親としても、買ってくれること自体は有難いことだとは分かっていますが買いすぎとなると困ってしまうのも事実です。

知育玩具のレンタルサービスや、おもちゃではなく絵本や図鑑、思い出を祖父母にお願いしてみるのもオススメです。

良好な、祖父母と孫、親との関係が築けますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました