2022年SAO劇場版ネタバレと予想と考察!冥き夕闇のスケルツォ

2022年SAO劇場版ネタバレと考察 ソードアートオンライン

2021年、SAOプログレッシブ『星なき夜のアリア』でSAOファンが歓喜した年となりましたね!

2022年に”冥き夕闇のスケルツォ”が公開決定したことはご存知でしょうか?

まだSAOプログレッシブ『星なき夜のアリア』を見ていない方も、既に見て満足している方にとっても嬉しいお知らせですよね。

SAOプログレッシブ『星なき夜のアリア』では新キャラや原作との相違点がありました。
2022年に公開される劇場版SAOにも新キャラやオリジナル展開はあるのでしょうか。

そこで今回は、2022年に公開決定された劇場版のネタバレ、考察と予想をしていきます!

「2022年SAO劇場版冥き夕闇のスケルツォ」を原作からのネタバレや考察と予想をしてみたいと思います。

劇場版SAOプログレッシブ”冥き夕闇のスケルツォ”のネタバレ予想

早速原作からネタバレを考察していきます。
まだ原作を見ていない、ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

では、結論を申し上げます!

2022年に公開決定したSAOの映画は、ゴースト系の敵が待ち受ける迷宮や遺跡が存在する、第5層を攻略する内容となります。

詳しくネタバレを解説していきます。

SAOプログレッシブ『星なき夜のアリア』では序盤の内容であり、主人公のキリトとヒロインのアスナの仲も深まっていませんでした。

加えて、終盤までキリトとアスナが信頼し背中を任せる展開は少なかったです。

しかし、2022年に公開決定した劇場版SAOはキリトとアスナがある程度絆が深まったところから始まります。

そのうえキリトとアスナの互いの弱みが露見し、支えあうことでより信頼度が高まり、背中を任せることができるほどのパートナーになるストーリーを見ることが出来ます。

その他にも、ゲーム特有のボスを倒したものだけが獲得できるレアアイテムの競争やパーティの連携力があり、期待できる内容となっています。

原作の内容から考察すると、第5層攻略時には戦力が均衡している2つのギルドが競い合い、仲が良くない描写がされています。

協力ではなく、レアアイテムをどうやって自分のギルドで所有できるかを重点に行動していました。

そんな争いがあったため、ギルドに所属していないキリトやアスナが協力し、ギルドよりも早くボスを倒さなければいけないというタイムリミットもありました。

この展開から劇場版の展開は、

  • 2つの大手ギルドの争いを見て、主人公が行動を起こす。
  • 1人では攻略は難しいため、ヒロインや仲の良い人とパーティを組み、特訓パート。
  • 強大な敵と迫りくるタイムリミットの緊迫した戦闘シーン。
  • 強いプレッシャーや恐ろしい敵との遭遇で心折れるキャラクターたち。
  • 協力し、支えあうことで進展する主人公とヒロインの掛け合いの変化。

で構成されるのではないかと思います!

SAOプログレッシブ”冥き夕闇のスケルツォのネタバレ

やはり、劇場版SAO”冥き夕闇のスケルツォ”のネタバレをしていくうえで欠かせない物として、原作の内容が挙げられます。

そこで、2022年の劇場版SAOプログレッシブ”冥き夕闇のスケルツォ”の展開を原作のネタバレからもっと深く掘り下げていきます。

初めに原作に記載されているあらすじを載せます。

“自身の仮想体(アバター)の死が現実の死となるデスゲーム《ソードアート・オンライン》に閉じ込められて二ヶ月弱。攻略の最前線であるキリトとアスナは第五層へと到達していた。 迷路のような街並みと極端に森や川などの自然が少ないこの≪遺跡エリア≫エリアで、二人はゲームの醍醐味でもある≪遺物拾い≫をこなし、アイテムやコル(お金)を稼いでいく。一度第四層に戻り、ダークエルフの城主ヨフィリスから≪クエスト報酬≫をもらったのち、続いてキリトは街の地下墓地で発生する小規模な《クエスト》のクリアを提案する。アスナも賛同するが、それが彼女の不幸の始まりだった。 そのクエストには、強力なレイピア使いであるアスナがもっとも苦手とするモンスターが登場するからだ。 そう、墓地といえば――。 果たして、アスナは恐怖心を克服し、第五層を攻略できるのか……?”

引用:SAO公式

このあらすじから分かるように、原作では第5層を攻略していくことやアスナの苦手なモンスターが出現することが記載されていますね。

実際、原作では最強クラスの実力を持つアスナは、苦手なモンスターの前では十分な実力を発揮することができませんでした。

そのため、キリトがモンスターを一掃し、アスナに協力することで恐怖心を克服する努力を重ねていきます。

しかしそんな中、キリトが涙を流すほど心折れる展開が起こり――、と目が離せない展開やキャラクターの心境が良く分かる内容です。

犯罪組織の闇が垣間見えるシリアス展開やキリトに惹かれていくアスナの魅力的な展開もあり、コメディからシリアスの内容を含む展開のため、映画のもととなるのも納得の原作展開ですよ!

新キャラやオリジナル展開はあるのか考察・予想

SAOプログレッシブ『星なき夜のアリア』では原作では登場しなかったオリジナルキャラクターであるミトやオリジナル展開がありましたね。

ゆえに、SAOプログレッシブ『星なき夜のアリア』を視聴した方は、2022年の劇場版SAO『冥き夕闇のスケルツォ』にも新キャラや新展開があるのか気になりますよね!

なので、ここからは推測となりますが持論を述べていきますね。

既に言った通りですが、劇場版SAO『冥き夕闇のスケルツォ』はキリトとアスナがより絆が深まる内容となります。

加えてパーティで戦うシーンがあります。
そのため新キャラが登場する確率は”低い”のではないかと考察できます。

当然と言えば当然ですが、原作である主要人物の影を薄くしてまで新キャラを登場させるのはファン的に喜ばしいとは言えません。

ですので、キリトとアスナの距離が大きく近づく最初の場面のため、新キャラを出しにくいのではないかと思います。

しかし、映画のオリジナル展開はあるのではないかと考えます。
新キャラが出ない分、キリトとアスナの関係が深まるオリジナル展開が新たに展開されていくのではないでしょうか!

原作やネタバレを知る魅力はある?

どんな作品でも楽しみ方は様々存在します。

ある程度ネタバレを知ってから原作を見る方やネタバレを一切断って原作や映画を見る方などが挙げられます。

そのためこの項目ではネタバレを知っているからこそのメリットや魅力を取り上げていきますね!

しかし、メリットを知ったからとはいえ、ネタバレを嫌っている方に実行するのは駄目ですよ!

それを承知の上でメリットを2つ述べますね。

原作を知っているからこそのワクワクがある

SAOの原作は小説です。
小説だからこその面白みはあるのですが、どうしても迫力感は漫画やアニメに負けてしまいます。

ですが、だからこそ原作やネタバレを知っていれば映画をドキドキしてみることが出来ます。

「小説の戦闘シーンで、こんな激しい戦いをしていたのか」
「キリトとアスナのやりとりで互いはこんな表情していたんだ」

などなど、原作を知っていないと分からないですよね。

これは大きな魅力と言えます!

原作との違いを楽しめる

SAOプログレッシブ『星なき夜のアリア』でもありましたが、原作を知っていたからこそ新キャラが出たこその魅力に気づけた方がいると思います。

原作やネタバレを知っていなければ、ミトというキャラに驚きもなかったと推測できます。

オリジナル展開や新キャラに驚けるのも原作を知っている者の特権です。
例え、原作のままでよかったと思ったとしても、友人と話す話題の1つに大きく貢献してくれます!

後々オリジナル展開に気づくのではなく、視聴しているときにこんな展開知らない!となるのは面白いですよ。

原作の何巻あたり?

「来年の映画まで待てない!」や「ネタバレになってもいいから原作を知りたい!」という方にとっては原作の何巻が映画になるのか気になるのではないのでしょうか。

そんな方たちのために原作小説何巻目かお答えします!

2022年に公開される劇場版SAOは原作小説SAOプログレッシブシリーズの4巻にあたるストーリーとなります。

大まかに4巻まで巻数ごとの内容を示しますと、

  • 1巻:第1層フロアと第2層フロアボスの攻略戦前まで
  • 2巻:第2層のボス攻略と第3層フロア攻略
  • 3巻:第3層エリアの後半と第4層に挑戦
  • 4巻:第5層攻略

となります。

劇場版SAOの元となる冥き夕闇のスケルツォはコミカライズ版が出版されております。
そのため迫力あるシーンを絵で描写された漫画として読むことが出来ます。

小説はあまり好きではないという方は漫画を読んでみることをおすすめします!

2022年公開予定!劇場版SAO『冥き夕闇のスケルツォ』のネタバレ まとめ

以上、劇場版SAO『冥き夕闇のスケルツォ』のネタバレ、考察でした。

冥き夕闇のスケルツォでは、SAOプログレッシブ『星なき夜のアリア』のシリアステイストとは違ったキリトとアスナの掛け合いも見れるのはとても楽しみですね。

キリトやアスナのような個人が活躍するシーンも魅力的ですが、パーティを組み人と連携しながら戦うシーンを見ることは今まであまりありませんでした。

ゆえに連携力がメインとなる劇場版SAO『冥き夕闇のスケルツォ』はとても期待できます!

2022年の映画もこの記事を読むことでいっそう楽しみになったきっかけの1つになれたのなら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました