年末年始勉強できない受験生必見!環境を整えて解決しよう!

年末年始は勉強できない時はどうするか調査 お正月

年末年始はクリスマスや大晦日、元旦など多くのイベントが詰まっていて受験生にとっては誘惑の嵐。

「年末年始が迫ってきていて予定通り勉強をできないのではないか」

「誘惑に流されて勉強せずに後で後悔してしまいそう」

そんな不安をお持ちの受験生もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、年末年始は勉強できない?!受験生必見!受験生の年末年始の過ごし方について記事を書こうと思います。

年末年始勉強できないという受験生への3つの提案!

年末年始は気が散って勉強できないという方におすすめなのは環境を工夫をするということです。

自宅には誘惑が多いです。

例えば、テレビ、ゲーム、そしてベッドなど。

これら誘惑に流されないためには自分を律する力が必要不可欠になってきます。

そのため、多くの受験生が誘惑に打ち勝つことができず、勉強ができない状況になっています。

また、自宅には人の目がありませんよね。

そのためさぼっていたり、休憩時間の息抜きの時間が長くなっても、誰にもなにも言われません。

人の目がないため、全て自己判断になってしまいます。

そのため、勉強できない状況になっています。

そんな状況を打破するために、以下に誘惑の多い年末年始に勉強できないという方へ向けて集中するための工夫をご紹介します。

まず年末年始でも勉強を頑張るためには、誘惑するものとの適度に距離を保つ必要があります。

誘惑するものとは

  • テレビの特番
  • 正月に集まってくるいとこや親せき
  • SNS
  • ゲーム
  • 漫画
  • 友達とのやりとり

などでしょうか。

適度に距離を保つと書きましたが、これはとても重要です。

誘惑に近づきすぎるといつの間にかどっぷりはまって時間はあっという間に過ぎ、後悔だけが残ります。

かといって完全にシャットアウトし抑圧しすぎるとストレスがたまり勉強ができません。

ふだんからそのようにどちらかに大きく振れてしまうという方は要注意です。

それでは誘惑と上手く付き合う方法を3つご紹介したいと思います。

できるだけ家に引きこもらない

まず1つ目は、できるだけ家に引きこもらないことです。

誘惑が多い場所といえば、人それぞれですが、たいていの人が自宅・自室を想像するのではないでしょうか。

部屋を見渡せば、雑誌があり、漫画があり、ベットがあり、勉強なんかやめてだらだらしたいと思わせるものがたくさんあって勉強できませんよね。

そのため自習室などの誘惑がない場所、つまり勉強をするためだけの場所で勉強することが集中するためにとても大事になってきます。

自宅は休むための場所、もしくは好きな教科しか勉強しないなど、家の中と外でONとOFFのスイッチを切り替えるとよいでしょう。

とはいえ、年末年始となると自習室も開いていなかったり、図書館も閉館していたりしますよね。

そんな時はカフェに行くのをお勧めします。

全国チェーンのカフェとかですと、年末年始も空いている場合があります。

やはり人の目がある場所、誘惑の少ない場所が一番お勧めできる学習環境です。

しかし自宅の近くにそういったカフェがないという方は自宅で勉強せざるを得ない日が数日続きそうです。

それでは、近くにカフェもないし家でも勉強できない!という方が自宅でも変わらず勉強できるためにはどのように過ごせばいいのか次にご紹介していきます。

自分の生活リズムを崩さない

年末年始どうしても自宅で過ごさないといけない日がある場合、どのように自宅で過ごせばいいのかというと、「自分の生活リズムで過ごす」ことに尽きると思います。

長い方は1年間、たいていの方は半年くらい受験に向けて自分の勉強のリズムで頑張ってこられたと思います。

共通テストまであと約2週間ほどになっているこの頃。

一日一日が勝負といっても過言ではありません。

共通テスト対策問題パックを年末年始の期間で仕上げるという方も多いはず。

余裕のあるかたや休まないと頑張れないという方を除いては、いつもとは違うイレギュラーな周りの雰囲気に流されず、これまで作ってきたペースを崩さないことが大切です。

それでも、どうしても休まないと勉強できないという方もいらっしゃると思います。

そんな方にぜひ守って欲しいのが「休むのは2日間だけ」というルールです。

3日間以上休むと頭がなまります。

お休みは、大晦日と元日の2日間のみにとどめておきましょう。

また、なかには自分の勉強のリズムをまだ確立しておらず、試行錯誤している途中という方もいるかもしれません。

そんな方々の中には睡眠時間を削って勉強するのが習慣になっている方もいるかもしれませんが、その習慣は見直すことをおすすめします。

睡眠時間は一般的には7時間以上が良いと言われています。

最低でもそれ以上は睡眠時間を取ることをおすすめします。

理由としては、睡眠時間が短いと体のコンディションが悪くなるので頭がうまく動かないからです。

受験生にとっては死活問題ですよね。

とりわけ寝る時間が遅くなるとネガティブな思考になってしまうので、モチベーションが低下し、起床後から万全の体制で勉強に取り組むことができません。

この習慣を続けてしまうと、次の日にその日の体の疲れやネガティブな気持ちを持ち越してしまい、勉強できない悪循環に陥ります。

そんな毎日は苦痛に満ちていて長続きしませんし、なにより合格に対する自信も失いかねません。

そうなっている方へおすすめなのが睡眠時間を少し前倒しにし、朝に勉強をする習慣をつけることです。

朝に勉強することのメリットとしては頭がすっきりとしていて集中することができます。

また夜型の方もいると思うので夜学習のメリットもあげておくと、勉強後にすることは睡眠だけなので、記憶の定着率が高いということです。

まだ自分のリズムがうまく作れていないという方は朝学習と夜学習のメリットを考慮して勉強時間を組み立てるのがいいでしょう。

勉強効率が上がるだけではなく、規則正しい生活をすることができコンディションとモチベーションを保ったまま学習に取り組むことができますよ。

極度に誘惑を制限しない

受験生の中にはあらゆるものとの関係を絶ち、勉強しかしない様なまれな方もいます。

しかしそれはごく一部の方の話で大多数の人間には当てはまりません。

したがって、誘惑を程よく残すことをおすすめします。

大学受験は長期戦です。

休憩なしで走り続けるよりかは、休憩しながらのほうが長期間耐えられますよね。

誘惑の活用方法としては、一日の目標を設定してそれをクリアしたら何時までは自由時間にする、といったことや、頑張ったら寝る前の20分だけ好きなことしていいというような方法があります。

自分で決めたルールを自分で守れるということが前提にあるのですが、目標を設定し達成してご褒美を自分に贈るということは充実感にもつながるので気持ちがいいですし、モチベーションの向上に繋がりますよ。

また、どうしてもそれが難しくて勉強できないという方へ向けて最終手段ではあるのですが誘惑元を断つと言う方法があります。

スマホを受験が終わるまで解約するなどがひとつの手段として挙げられるのではないでしょうか。

しかし事情があってそれはできないという場合がありますし、そもそもスマートフォンがないと必要な時に連絡が取れませんよね。

この方法はストレスがたまるのであまりおすすめはできません。

勉強のためにと思ったことが気が付くと自分の精神を追い詰めて結果勉強できなくなることもよくあります。

制限するとすれば、スマートフォンのSNSアプリを消すことがあげられます。

SNSを辞めるのは少しストレスかもしれませんが、一度辞めてみると意外とそこまで困らなかったり、SNSに取られていた時間の多さにびっくりするかもしれません。

自身の生活の中で一番時間を取っていること・もの、一番誘惑が強いものについて一度考えてみましょう。

それを少し変えるだけでもちょっとやそっとの誘惑には惑わされないようになりますよ!

年末年始勉強できない受験生必見!環境を整えて解決しよう! まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!

内容をまとめると、年末年始でも勉強を頑張り誘惑に打ち勝つための工夫として

  • できるだけ家に引きこもらない
  • 自分の生活リズムを崩さない
  • 極度に誘惑を制限しない

の3つを取り上げました!

年末年始に勉強できない!なんてことにならないようにそれぞれ自分に合うペースでこの3つの工夫を取り入れラストスパートを駆け抜けましょう。

みなさんが充実した年末年始を過ごされて、第一志望の大学に合格できることをこころより祈っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました