ハニレモのサイドストーリーのネタバレ「芹奈ついて」!内容と感想!

ハニレモサイドストーリー「芹奈について」のネタバレと感想を紹介 未分類

「ハニレモ サイドストーリー」は2021年7月21日に発売された作品です。

羽花とともに学園生活を送るハニレモの仲間たちそれぞれの物語となっています。

「ハニレモ サイドストーリー」のネタバレを紹介したいと思います!

その中で今回は、ハニレモ サイドストーリー「芹奈について」のネタバレをしていきます!

ハニレモのサイドストーリー「芹奈について」ネタバレ!

ハニレモサイドストーリー「芹奈について」ネタバレ!していきます

本編では芹奈の新しい彼氏・怜王がさらっと出てきますが、二人の出会いは何だったのでしょう

芹奈が怜王と付き合う決断をした魅力がわかっちゃいます!!

恋のきっかけ

合コンに誘われ参加した芹奈

そこに遅れてきた男子・怜王に突然告白される

新しい恋ができないことに悩んでいた芹奈だったが、

「丁重にお断りさせていただきます」

と断りその日の合コンを終える

翌日学校で一緒に合コンに行った美穂が合コンで出会った光井と進展があり話が盛りある中、怜王の話題になる

突然告白してきた怜王に軽いイメージを持った芹奈だが、「軽いノリで1回付き合ってみたらいいのに」と言われ「友達になるだけだったらいいんだけどなぁ」と呟く

そんな芹奈を見て「ほんとはまだ吹っ切れてないの?三浦くんのこと」と美穂たちに聞かれる

 

意外な一面

美穂たちに心配されていることを知った芹奈は、”なんとかしなくちゃ”と界と中学の時にデートしたカフェに訪れる

窓際の席で1人、界と付き合っている時を振り返ってるところに

「相席、いい?」と怜王が現れる

芹奈の返事を聞かずに相席してくる怜王に、美穂たちの言葉を思い出す

”軽い女になってみよう”と怜王に話しかけようとするが、

「昨日のことは忘れていいから、ていうか忘れて」と言われ自惚れていたと恥ずかしくなる

怜王は芹奈が誰とも付き合う気がないのを友達から聞き、

「待ってる、そういう気になるの」と芹奈に伝える

”そんな口うまくてかっこよかったらモテるでしょうに”と呟きながら褒める芹奈に照れた表情を見せ、意外な一面を知る

内緒の片思い

光井に部活の試合を見に来ないかと誘われる美穂

しかし光井の高校が男子校で怖がる美穂に「何かあったら私が守る」と芹奈が美穂を引っ張り連れていく

そんな芹奈は中学生の時に友達をかばいいじめられた

いじめられてた印象が残っていたが、

”芹奈は助けただけなの”と芹奈の強い一面を思い出す友人たち

一方、美穂と一緒に光井がいるバスケ部を見に来た芹奈

そこにはなんと怜王もいた

プレーをしながらビブスで顔の汗を拭う怜王だが、メンバーに芹奈が来てることを伝えられパスを取り損ねる

そんな一面をみた芹奈は怜王がどんな人物なのか気になっていく

放課後になり、美穂と光井が話している姿を見て応援する芹奈

その姿に自分は恋愛に向いていないと感じ、怜王に話しかける

「怜王くん、私のこと待ってても無駄だと思うよ」

その言葉に理由を聞く怜王

「相手に迷惑かけて苦しそうな表情させるのはもう嫌なんだよね」

そう自信なさそうな芹奈に

「・・・迷惑だからじゃない。芹奈が苦しいのが相手も苦しいんだ。芹奈が笑えばいい、誰かを助けるばかりじゃなくて。芹奈が報われればいい。そしたら相手も幸せで笑うよ。」

そう優しく微笑む怜王

驚く芹奈に帰ることを告げる美穂と光井

怜王も芹奈を送る準備をするといいどこかへいくと、光井が合コンの時のことを話す

「軽いと思っただろ、逆だから。モテんだけどね興味なくて。唯一中学んとき長めに片思いしてる子が1人いたくらい。いいやつだよ、おすすめしとく」

心の中で”言われなくても”と足元をみる

怜王との帰り道、寒くてくしゃみをする

「怜王くん、マフラー貸してほしい」 とマフラーを借りる芹奈

借りたマフラーを巻きながら光井が言っていたことが気になり

「中学の時片思いしてた子ってどんな子だった?」

「・・・優しくて強い」

「私と真逆だね」

どこか安心して、だけど悲しそうな顔で笑う芹奈

自分の気持ちには気づいてる、でも自信がない

 

笑えない理由

”なんか会いたい”そんなことを思いながら、借りたマフラーを抱え怜王の高校の校門の前にくる

立っていると高校の生徒の男子に見つかる

芹奈のことを一方的に知っている様子だが、「いや、もうオレ芹奈の気分なんだわ」とあまりいいことを考えていないのがわかる

連れていかれそうになる芹奈を後ろから抱き寄せる

焦った表情の怜王がいた

先生に見つかり男子生徒が逃げると安心したようにしゃがむ怜王

「1人で何やってんの」

「・・・あーごめん、なんでもないよ。散歩」

マフラーに気付く怜王

「・・・走った?ごめんね、ごめん・・」

「・・・だから笑えって」

「・・・ごめん無理だ」

”大事な人を苦しめる”そう思いながら芹奈は帰る

窓際の席

美穂と光井みんなで遊ぶ日

ひとり来ていない怜王が今日は来ないかもしれないということを聞く

芹奈を危ない目にあわせたことを凹んでいるみたいだ

”なんで怜王くんが”と聞いた芹奈に光井は

「芹奈ちゃんが大事だから」

”・・なんで”と頭がいっぱいになる

そんな時光井に怜王からメッセージが届く

「芹奈ちゃん怜王が呼んでる。あそこ行ってもらえる?中学んとき元カレとよく行ってたカフェ」

「・・・なんで知ってるの?」

「怜王に聞いて」

走ってカフェに行くと、外のベンチに座る怜王がいた

視線は芹奈と合わせず前を見ながら話し始めた

一目惚れだったこと、名前も学校もわからずワイ後まで声はかけられなかったこと、中学の時にカフェの窓際の席に芹奈と彼氏がいたこと

その席で芹奈が別れ話をしたこと

”私は界がいなきゃ駄目。でも界はそうじゃない”

”こんな弱い私といたら界が駄目になる”

”私のいない所で幸せになって”

目を見開き怜王を見つめる芹奈

「芹奈は優しくて強い。それをたまには自分に対しても使えばいい」

「また会えるとは思ってなくて、舞い上がって最初の入りを間違えた」

そう言いながら芹奈のほうを向く怜王

「菅野芹奈さん、ずっと好きでした。オレと付き合ってください」

「こんな私でよければ」

涙を流しながら答える芹奈

”夢だろ”と呟く怜王に

「夢じゃないよ」

と涙を流しながら笑う芹奈がいた

 

ハ二レモのサイドストーリー「芹奈について」の感想

芹奈が自信を無くした理由になった界とのことで怜王がさらに惚れていく、というのが胸キュンすぎて感動しました!!!

本編でも芹奈がいい子なことはすごくわかるのですが、その芹奈の良さをさらに伝えるサイドストーリーでした

怜王との出会いや、2人の関係も本編ではなにも描かれていなかったところなので、あのイケメンは誰?!と思ってる方にはぜひ読んでいただきたいです。怜王はただのイケメンではなく、中身も完璧です

特に芹奈を助けてマフラーに気付くシーンはいろんな感情が混ざっているのがわかる描写で、胸が痛くなりました

芹奈のことを想うからこそ考えてしまう怜王、そしてその想いを知ってるからそこ大事なパスを出す光井・・・この関係性も最高です

そして最後の告白のシーンはもう全男子に読んでほしい!!!!!

改まってしっかり告白する怜王の誠実さ、告白した後にうれしくて”夢だろ”と呟くかわいさ

全て満点です・・・!

最終的には界と芹奈が付き合っていたことも、怜王と出会う上でとても大事なシーンになっていて個人的には”伏線回収・・?!”というような展開にワクワクしました

ハニレモサイドトーリー「芹奈について」ネタバレ!まとめ

今回は本編でもとても人気なキャラクター芹奈と怜王の出会いから付き合うまでの物語でした

サイドストーリーという短いエピソードではありますが、芹奈の良さ・怜王の魅力がたくさん詰まっていて本編とは違う胸キュンがたくさんつまっています

界とは違うカッコよさをもつ怜王にはきっと人気間違いなしです

本編にもっと出てくるのを楽しみにしてます

コメント

タイトルとURLをコピーしました