廣畑敦也の父親はクセがスゴい?ヤクルト愛や子育て方法も調査!

廣畑敦也投手の父の教育法 プロ野球ルーキー

2021年ドラフトでロッテ入りが決まった廣畑敦也投手。

MAX154kmでホップするような速球を武器に即戦力として期待が集まっていますね!

廣畑敦也投手がプロ入りできるようになったのはやはり父親廣畑佳臣さんの影響が大きかったようです。

そこで廣畑敦也投手の父親でクセがスゴい廣畑佳臣さんがどのように子育てをしたのか調査をしてみました。

廣畑敦也の父親の佳臣さんとは?

廣畑敦也投手の父親廣畑佳臣さんについて調べてみました。

1972年生まれの今年49歳です。ドラフト特番では元スマップの中居さんと同い年ということが判明しました。

ロッテからの指名が決まると父親佳臣さんと母美代子さんは満面の笑みで喜んでいました。

その後「呼ばれただけでうれしいです。私のヤクルト愛はずっと変わりませんから」という言葉が印象的でした。

大のヤクルトファンで2人の息子に元ヤクルトの古田敦也から「廣畑敦也」、高津臣吾から「廣畑臣吾」という名前をつけたことで、ドラフト特番でも取り上げられていましたね。

父親廣畑佳臣さんがヤクルトファンになったきっかけは、「僕が野球を始めた頃、走ってるとヤクルトレディのおばちゃんから『アンタ、野球してるならヤクルトスワローズに入って頑張ってね』と

ヤクルトをもらった」ことがきっかけでそれから40年ヤクルトファン一筋ということです。

父親の佳臣さんの野球歴は?

父親廣畑佳臣さんは、息子廣畑敦也投手と同じ岡山県の強豪校玉野光南高校で野球をやっていました。

1990年の第62回春の選抜に控えの内野手で出場しました。

3年生の春です。3塁のランナーコーチでした。

1回戦は北嵯峨高校(京都)に3-2で勝利

2回戦は寺前投手擁する北陽高校(現 関大北陽)に3-4で敗れています。

廣畑敦也の父親の佳臣さんの子育て方法とは?

父親廣畑佳臣さんの息子をプロ野球選手にした子育て方法について聞いてきたのでご紹介します。

息子廣畑敦也投手が小学校3年の頃に野球を始めました。

小学校の頃はキャッチャーをやらせていたいました。

素振りは毎日500回以上、敦也少年の手はマメだらけになるほど素振りをさせていたそうです。

小学校の頃は完全なスパルタ教育だったようです。

小学校6年の終わりころにピッチャーに変わりました。

その頃から父親佳臣さんはスパルタ教育を辞めました。

理由は、「野球の基本ができるようになるとあとは自分の頭で考えられるようになる」ということでした。

確かに現在の息子廣畑敦也投手も全く同じことを言っています。

三菱倉敷オーシャンズの練習は、三菱自動車でフルタイム働いたあとに練習するため、自分の頭で考えることが大事と言っています。恵まれた環境であると。

ヤクルトのレジェンド伊藤智仁の映像を見せたりしたそうです。伊藤智仁の高速スライダーはすごかったです。

廣畑敦也の父親の佳臣さんとは?子育て方法も調査!まとめ

廣畑敦也の父親の廣畑佳臣さんとは?子育て方法も調査!ということで調べてみましたがいかがだったでしょうか?

父親の佳臣が野球をやっていた影響が大きいと廣畑敦也投手も話していました。

廣畑敦也投手が開幕一軍でマウンドに上がる日が楽しみで仕方ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました