ひなくり2022はいつ?チケット一般や会場と倍率と配信ライブはあるのか調査!

ひなくり2022はいつ? 芸能人

日向坂46によるクリスマスライブ「ひなくり」。

人気急上昇中のグループだけに、ひなくり2022に参加してみたいけど、チケットはいつ、どこで買えるの?と思う人も多いと思います。

今回は、ひなくり2022のチケット販売日や購入方法、会場などを予想してみました。

ひなくり2022はいつ?で会場はどこ?

ひなくり2022の日程が2022年12月17日、18日に決定しました。

会場は有明アリーナに決定しました。

ひなくり2022日程と会場と動員
日程 会場 動員
2022年12月17日(土) 有明アリーナ 15,000人
2022年12月18日(日) 有明アリーナ 15,000人

過去のひなくりの日程と会場

ひなくり2019から2021までの日程と会場は以下の通りです。

ライブ 日程 会場
ひなくり2019 12月17日(火)〜18日(水) 幕張メッセ
ひなくり2020 12月24日(木) 幕張メッセ※無観客
ひなくり2021 12月24日(金)〜25日(土) 幕張メッセ

ひなくり2022チケットの発売日程は?一般販売もある?

ひなくり2022のチケットのファンクラブ先行申し込み受付が10月29日(土)12:00~11月6日(日)23:59に決定しました。

 

チケットの販売について、ひなくり2021はファンクラブ先行抽選申込(10月23日〜)→オフィシャル抽選先行申込(11月6日〜)→一般抽選申込(12月11日〜)となっていました。

ひなくり2022に関しても、11月に一般申込チケットに関するニュースが発表されると思います。

2021は全て抽選方式で、申込期間は約一週間でした。サーバーに繋がらないなどのトラブルは少なそうですが、倍率が高いと予想されるので、ライブ参戦のためには運が必要ですね。

そのため、ひなくり2022も同様にファンクラブの先行抽選申込→当落発表→一般申込(先行あり)となるのではないでしょうか。

ひなくり2021のオフィシャル先行抽選は楽天チケットから申し込みでした。

参考:日向坂46「ひなくり2021」、オフィシャル先行受付は、11月6日(土)12:00よりスタート!

※楽天会員の登録が必要です。(無料)

また、一般抽選の申し込みは楽天チケット・ローソンチケットにて受付しています。

参考:日向坂46「ひなくり2021」、12月11(土)12:00より一般抽選受付スタート!

日向坂の公式サイトのニュースや、公式Twitterをチェックしておきましょう!

ひなくり2022の倍率は?

ひなくり2022が幕張メッセで開催されると予想して、チケットの倍率を予想してみましょう。

日向坂46の公式YouTubeのチャンネル登録者は2022年7月現在では約70万5千人。そのうち、だいたい7割がチケットを申し込むと仮定します。

→705,000×0.7=493,500

二日間開催の両日申し込むとすると、2倍の987,000人です。

ライブが実施される有明アリーナの収容人数は約15,000人です。二日間開催なので、30,000人とします。

満員での開催が可能とすると、以下になります。

987,000÷30,000=32.9

約32.9倍の倍率ですね!ただし、これはあくまで満員の場合の収容人数ですので、コロナの状況により収容人数の制限がある可能性はあります。

そうするとまた倍率は上がります。最低でも30倍の倍率は覚悟しておきましょう。

ひなくり2022のオンライン配信はある?

ひなくり2022について、オンライン配信はあると予想されます。

コロナの関係で、ひなくり2020は無観客ライブとなり、オンライン配信のみでのライブ開催でした。

その後、ひなくり2021では会場チケット+オンライン配信チケットの販売となっているため、今年もまた同じ形式になることでしょう。

オンライン配信についても、公式のニュースやTwitterで発表があるはずです。

参考:日向坂46「ひなくり2021」の生配信が決定!

ライブのある12月の上旬に発表されていますね。

上記で予想したチケットの倍率を考えても、現地での参戦はかなり難しいと予想されます。

現地参戦が叶わなかった人も、オンライン配信があると考えて希望を持ちましょう!

ひなくり2022はいつ?チケット一般や倍率と配信ライブはあるのか調査!まとめ

以上、ひなくり2022について、チケットの一般販売情報や倍率についてまとめました。

幕張メッセ開催の場合、チケットの倍率が約30倍以上になると予想されますが、善い行いをして当選を目指しましょう!

ひなくり2022については、公式情報が判明次第また更新いたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました