クロサギドラマがひどい?つまらないなど酷評の原因を調査!

クロサギドラマがひどい? つまらないなど酷評の 原因を調査! ドラマ・映画・テレビ

2006年に制作されたドラマ『クロサギ』がキャストを新たに2022年バージョンとして10月21日から放送を開始します。

主演はキンプリの平野紫耀さんがつとめ、予告編が公開されて以来期待の声があふれています。

ところが、ネット上では「クロサギのドラマはひどい」という声もささやかれています。

そこでクロサギのドラマがひどいと言われる原因について調査しました。

  • 2006年のドラマ「クロサギ」は最終回がひどかった?
  • ドラマ「クロサギ」がひどいと言われる理由は?
  • ドラマ「クロサギ」に期待する声は?

ドラマ「クロサギ」の評判に関する情報をまとめて紹介します。

金曜ドラマ『クロサギ』公式サイト

クロサギ ドラマの最終回の終わり方がひどかった!

クロサギ ドラマの最終回の終わり方がひどかった!

前回のドラマ『クロサギ』は終わり方がスッキリしておらず、ドラマファンの間で不評な意見が続出する結果になりました。

2006年に放送された当時は原作漫画も連載中だったのもあり、ドラマオリジナルの最終回が描かれました。

原作ファンから「解釈が違う」「なぜここで終わらせた?!」との意見が多く上がりました。

ドラマの続編として映画『クロサギ』が公開され、連載も完結し結果的に大ヒットを記録しています。

映画ありきでのドラマの最終回だったので、当時は「最終回がひどい」と酷評されたのですね。

ワンクールの放映尺では描き切れない面白さの詰まった「クロサギ」ですから致し方ないとも言えます。

クロサギ ドラマがひどいと言われる理由は?

クロサギ ドラマがひどいと言われる理由は?

10月21日の放送を前にして、ネット上では「ひどい」との意見をよく目にします。

ひどいと言われる理由は、キャストの変更や前作のイメージと合わない、原作との違いを指摘したものが多いです。

それだけ前作の『クロサギ』が多くの人に親しまれ支持されてた証拠ですね。

リメイクや再演にはこういった意見は付き物ですから、新キャストの皆さんの演技に期待したいと思います。

クロサギといえば山Pだから!

山下智久さん(山P)の続投を願う声は確かに多かった印象です。

『クロサギ』といえば山Pという印象が強すぎるため、つい比較してしまうそうです。

確かに、山下智久さんと堀北真希さんのコンビは最強でしたからこう思ってしまうのも無理ないですね。

今回主役の黒崎を演じる平野紫耀さんは「花男」や「未満警察 ミッドナイトランナー」のリメイク作品にも出演されています。

いい意味で前作を超えてくれることを期待されてのキャスティングなのかもしれませんね。

原作漫画との違いがひどい!

原作漫画との違いに違和感を感じるという意見もありました。

原作漫画のファンであるからこその違和感かもしれませんが、見せ方などに違いが出てしまうのはしょうがない点ですね。

自分のペースで読める漫画と違い、ドラマは映像で演出もより現実的に描かれます。

漫画では自然な流れでも、実写になると不自然になってしまう特有の難しさが実写にはあると言われてます。

音声や動きなどで原作漫画では描き切れなかった部分を感じられるのが、実写の強みだと言えます。

原作が漫画なので感情移入しにくい!

原作漫画を知っていると、ドラマなどの実写に感情移入しにくい人がいるようです。

漫画はある程度自分の読みたいように読めますから、作りこまれたドラマの演出に感情移入できないという人がいるのもわかります。

平野紫耀がイケメンすぎて内容が入ってこない!

「クロサギ」では毎回違う変装が見られるのも魅力です。

予告編の映像が公開されたあと、平野紫耀さんのイケメンと変装が楽しみすぎて内容が入ってこない!というつぶやきが多く見えました。

「クロサギ」は一話完結なことが多いので、毎回違う変装が楽しめるのは「クロサギ」ならではの嬉しい悲鳴ですね。

ヒロイン役の黒島結菜の演技が微妙!

ヒロイン氷柱役の黒島さんの演技力を心配する声も見られました。

黒島結菜さんと言えば、朝の連続テレビ小説のヒロインを務めたことで一躍有名になった女優さんです。

残念なことに、演技については酷評されることが多かった作品でした。

ただ過去の出演作「花燃ゆ」では演技を絶賛されたこともありました。

作品や役柄によって賛否両論なので、今回の『クロサギ』での名演を期待したいですね。

クロサギに恋愛要素はいらないから

原作ではさらっと描かれてる恋愛要素がドラマでは濃く描かれることに抵抗を感じる方もいます。

詐欺師を騙す詐欺師を軽快なテンポで描いていくのが「クロサギ」の大きな特徴ですから、恋愛要素が邪魔になっているという意見はうなずけます。

ただ原作を知らない視聴者にとっては、ヒロインとの恋愛模様はドラマの醍醐味でもありますから、ドラマはドラマとして楽しめそうですね。

ドラマ クロサギに期待する声

さまざまな意見があるドラマ『クロサギ』ですが、期待の声もたくさん上がっています。

特に、原作漫画の作画を担当している黒丸さんは賛否両論があると受け止めた上で、制作チームや新出演者にエールを送っています。

どうしてもリメイク作品は前作と比べられてしまうものですが、それをわかった上で演じるんだという強い覚悟を感じているように見えます。

純粋に『クロサギ』という作品を楽しむ!これに尽きる気がします。

今までいろんな役を演じてきた平野紫耀さんに対する期待も高いです。

今回はさらに配役も豪華で、主役やヒロインを支える脇役が揃ってますので、原作では描き切れなかったリアルな描写が見れると期待が集まっています。

クロサギドラマがひどい?つまらないなど酷評の原因を調査!まとめ

クロサギドラマがひどい? つまらないなど酷評の 原因を調査! まとめ

10月21日から始まる新ドラマ『クロサギ』が放送前からひどいと言われているのは、前作の印象が強く原作ファンが多いことから生まれた意見からでした。

リメイク版として制作される作品は「ひどい」と言われることが多く、結果として放送が終わるころには良い評判になってる作品が多いです。

予告の映像が公開されたときはTwitterでトレンド入りするほど注目を集めている作品です。

今後の展開に期待をしつつ、放送を待ちたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました