木村拓哉のボーンレディの意味!Born readyの歌詞!

木村拓哉ボーンレディの意味と歌詞を紹介 明石家さんま

明石家さんま 木村拓哉によるお正月恒例のフジテレビ系バラエティー番組「さんタク」が

2022年1月1日午後4時から放送されることが決定!

番組では例年さんまさんと木村拓哉さんは、有言即実行をモットーに数々のパフォーマンスに挑戦しています。

2022年の「さんタク」ではさんまさんが『Born ready』(ボーンレディ)というタイトルで、BEGINさんと共作して木村拓哉さんのために書きおろした曲が番組内で初披露されるそうです。

さんまさんが木村拓哉さんのことを思って作られたという「Born ready」(ボーンレディ)とはどういう意味が込められているのでしょうか?

ボーンレディ Born readyの意味は?

木村拓哉のBorn ready(ボーンレディ)の歌の意味は、

「次の目的地へみんなで希望を持って向かおう」という意味が込められているそうです。

 

Born ready(ボーンレディ)の意味を検索してみると「産まれる準備ができて」という意味になります。

また「Are you ready?」と聞かれた時に「I was Born ready」と返すのでこの場合の意味は、

「いつだって準備万端だぜ」ということになるので「準備はOK!」という意味もあるようです。

木村拓哉 ボーンレディBorn readyの歌詞

ボーンレディの歌詞をほんの1部ですが、見つけましたので紹介します。(違ってたらごめんなさい)

人生で思い通りにならないときに思う

I told you so

死にたい時もあるけれど

なら死ぬ覚悟で生きよう

I told you soは「だからいったのに」という意味なんだそうです。

早く実際に聞いてみたいですね!

ボーンレディBorn readyの歌詞の意味をサンタクの2人は?

この曲は木村拓哉さんのアルバム「Next Destination」(2022年1月19日発売予定)の中に

収録されている曲で、さんまさんはBIGINさんと共に作詞を担当され『ライブでファンが

一緒に歌ったり盛り上がれるような歌詞にしたかった。この曲を通じてその時だけでも一つ

になれるように願いをこめました。』と語られています。

俺は木村をイメージして作詞したけど、木村はレコーディングで俺自身

をイメージしてしまったらしく笑いながら歌っちゃたらしい。

早く自分(木村)の物として歌詞を体にいれてくれ。

もう俺の物じゃないんやで(笑)

以前さんま御殿で、及川眠子が作った詩は、歌手の手に渡ると「歌手のもの」になると言っていました。

ヤンタンの中でさんまさんもその気持ちが分かったとも話していました。

 

ボーンレディBorn readyの意味は?2022サンタクのキムタクの歌まとめ

さんまさんが作られたというBorn ready(ボーンレディ) の本当の意味は当日までわかりませんが、

BIGINさんが作曲された曲調はギターのサウンドが印象的な明るい曲調らしく、

歌詞のなかで【Hop Step Slip】と出てくるそうですが、本来なら【Hop Step jump】

なのだが、さんまさんは「人生は繰り返しばかりで思い通りにならない時もある」との

思いを込められたとか。

さらに【I told  you so🎵】「そんな時は何をアドバイスしてもうまく伝わらないもの。

その後で『だから言ったのに』と思うことも多い」というのも入れ込んだと語られています。

2022年1月1日午後4時から放送される「さんタク」木村拓哉さんが番組内でしか歌われない

という【Born ready 】今から待ち遠しいですね🎵

コメント

タイトルとURLをコピーしました