ブルージャイアント映画の演奏シーンはどうなる?音楽やサックスは誰?

ブルージャイアント映画の演奏シーン アニメ

2023年に放映が決定したブルージャイアント映画。

ストーリーのキーとなる演奏シーンは一体どう表現されるのでしょうか?

原作ファンからも「音楽スタッフは誰?演奏シーンはどうなるの?」といった疑問が湧いているようです。

ブルージャイアント映画版の演奏シーンがどのように表現されるのか、考察してみましょう!

ブルージャイアント映画の演奏シーンはどうなる?

ブルージャイアントといえば、「漫画なのに音が聞こえてきそう!」という評価が多い漫画です。

確かに緻密な描き込みと計算されたコマ割りによって、迫力たっぷりの演奏シーンが印象的に描かれています。

この演奏シーンの迫力を、映画ではどのように表現するのでしょうか?

原作通りの作品とするならば、音楽にはプロの奏者の生音源を登用するなど、演奏シーンには特に力を入れて制作するのではないでしょうか。

2022年7月現在では、ブルージャイアント映画の音楽スタッフの情報は未発表です。

ファンに音楽を実際にやっているという人も多そうな作品だからこそ、演奏シーンへの期待は大きいと思います。

また、音楽アニメといえば「のだめカンタービレ」や「ピアノの森」「BECK」といった作品が挙がります。

原作ファンの感想を見る限り、原作でのイメージを壊さない演奏シーンが重要となってくるようです。

ブルージャイアントは、人間ドラマもありつつ、やはりジャズという音楽に重点を置いた作品ですので、演奏シーンは「ガチ」で表現してほしいですね!

ブルージャイアント映画の音楽やサックスは誰が担当?

ブルージャイアント映画版の音楽スタッフは未発表です。

アニメ映画化決定に当たって、原作者の石塚真一さんは「凄いメンバーが集まって、皆さんがイメージする音楽、いや、きっとそれ以上の音を作ってくれています。」とコメントしています。

超本格音楽漫画のアニメ映像化となると、やはり音楽スタッフに期待したくなりますね。

音楽プロデューサーは一体誰が抜擢されているのでしょうか?

音楽アニメでの音楽プロデューサーは「のだめカンタービレ」や「坂道のアポロン」を手がけた佐野弘明さんなどが有名ですね。

また、主人公の大のサックス演奏は誰が担当するのか、ファンからは注目されているようです。

プロのサックス奏者を登用するのであれば、青柳誠さん、井出慎二さんなどは音楽プロデューサーとしての経験もあることから、可能性はあるかもしれません。

最も知名度のあるサックス奏者は武田真治さんかもしれませんが、バラエティ色がやや強めになってしまうかも?映画の音楽スタッフとして抜擢されるかは疑問です。

ブルージャイアント映画の演奏シーンについてネットの反応は?

さて、ブルージャイアント原作ファンにとって、演奏シーンへの期待や不安はかなり多いようです。

どう表現されるのか楽しみだという意見や、原作イメージを壊されたくない!という意見もあるようです。

「音無し」を願う人が意外と多いようですね。音楽アニメの難しさは、やはり作中の音楽が自分のイメージと合っていないと、ストーリーにまで影響してくる可能性があることでしょう。

「TRI4TH」といったジャズバンドの参戦を期待する声もあります!

作品内のバンドにより近づけるのであれば、「fox capture plan」「Stereo Champ」 といった比較的若い世代のバンドを使って表現するのもありかもしれません。

ブルージャイアント映画の演奏シーンはどうなる?音楽やサックスは誰?まとめ

ブルージャイアント映画の音楽スタッフについては未発表ですので、情報が発表され次第また更新します!

ただ、すでに演奏シーンへの期待が大きいことが分かりました。

いっそ音無しで、と思うファンもいれば、プロのジャズバンドを使って、サックスなどの本格的な演奏シーンを見てみたいと思う人もいるようです。

いずれにせよ、原作のイメージに忠実な映画を期待したいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました