Amazonフレッシュの対象エリアはどこ?ライフとの違いや注意点を調査!

Amazonフレッシュの対象エリアはどこ?のアイキャッチ画像 美容・健康

Amazonが行っているサービスの1つ「Amazonフレッシュ」って知っていますか?

Amazonフレッシュの対象エリアはどこなのか?

通常のAmazonでの購入との違いや注意点はあるのか?特徴などを調べてみました。

多くの人がネットで様々な商品を購入し欲しい商品をいつでもどこでも購入できる時代になりました。

自分の住んでいるエリアが対象か確認してみてください。

現時点では対象外の人も、どんなサービスなのかチェックしてみてくださいね。

Amazonフレッシュの対象エリアはどこ?

Amazonフレッシュの画像12022年11月現在のAmazonフレッシュの対象エリアは、東京都(18区・2市)、神奈川県、千葉県の対象エリアのみとなっています。

まだまだ限られたエリアのみの運用となっています。

東京都 : 世田谷区・目黒区・千代田区・中央区・台東区・墨田区・江東区・渋谷区・品川区・大田区・港区・杉並区・新宿区・文京区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・調布市・狛江市

神奈川県 : 川崎市(高津区・中原区・多摩区・宮前区・川崎区・幸区・麻生区)、横浜市(西区・神奈川区・港北区・中区・都筑区・緑区・鶴見区・南区・磯子区・保土ケ谷区・旭区・青葉区)

千葉県 : 浦安市、市川市

※上記地域でも一部ご利用いただけない地域がございます。

Amazonフレッシュ対象エリア

2017年の4月21日にサービスがスタートしたAmazonフレッシュは、首都圏の共働き世帯や子育て世代には欠かせないサービスとなっているようです。

既にサービスが始まって約5年経っているので、近々対象エリアが拡大していくのではないかと予想します。

関西(大阪・兵庫・京都)、九州(長崎)、中部(愛知)辺りから徐々に対象エリアを拡大していく可能性が高いと思います。

多くの人が利用したことがあるであろうAmazonが行っているサービスなので、安心して利用できるのではないでしょうか?

自分の地域が対象エリアになれば利用したいと思う人も多いと思います。

Amazonフレッシュはライフと何が違う?

Amazonフレッシュの画像2Amazonフレッシュは取り扱い商品が、AmazonやAmazonパントリー、ライフとは少し違います。

イオンネットスーパーのようにスーパーで購入する食品等がAmazonフレッシュでも購入ができる点があります。

特徴は?

Amazonフレッシュの特徴は、食品等の生鮮食品やお米、オムツや雑貨まで必要なものが一か所でまとめて購入できます。

さらに、Amazonフレッシュの商品は他社のネットスーパーのように人の目で品質チェックを行い徹底した温度管理で鮮度を保つ工夫をしています。

品揃えも豊富で、新鮮な野菜や果物などの生鮮食品のほかお米や他社のネットスーパーにはない専門店(無印良品・Oisix・RF1等)の商品まで取り扱いがあります。

専門店の商品が購入できるのは魅力的ではないでしょうか?

他社ネットスーパーでは、自社ブランド商品の取り扱いはありますがECランキング1位のAmazonだからこそできる取り扱い商品の差別化が人気のひとつなのかもしれません。

最短約2時間の配送サービス

なんと、注文してから約2時間でフレッシュな食材を届けてくれるというから驚きです!

時間指定はエリアによって異なりますが、2時間ごとに指定ができます。

仕事のお昼休憩中に注文して夜の20時等に受け取ったりと自分で好きに配達時間を設定できるのは嬉しいですよね。

配達のために時間を空けておく必要がないので、忙しい人にも有難いサービスだと思います。

Amazonフレッシュ利用時の注意点は?


Amazonフレッシュを利用する際は、『Amazonプライム会員』への会員登録が必要です。

プライム会員に登録すれば追加の手続きや会費はかかりません。

配送料は?

1回の注文につき配送料は390円で利用可能です。

最低注文金額が4,000円以上で10,000円以上の購入で配送料は無料となります。

Amazonフレッシュには購入時の最低料金が設定されているので、少量のみ購入したいときは利用が難しいので注意してください。

お米や、お酒、オムツなどが無くなったタイミングでまとめて購入するのがよさそうですね。

再配達はないので注意

万が一、自分が設定した配達時間に居なかった場合は注文はキャンセルとなってしまうので注意してください。

さらに、再配達はされないので確実に受け取れる日時を設定しておきましょう。

配達日時をどうしても変更したい場合は、商品が発送される前にキャンセルをして再度申し込みが必要です。

AmazonフレッシュTwitterの声

Amazonフレッシュの対象エリアは限定されていますが、実際に利用している人の声を集めてみました。

この方は、普段からよく利用されているようですね。

新鮮な魚を食べたいと思った時に、パッと購入できるのはとても魅力的ですね。

私もたまに某ネットスーパーを利用することがありますが、注文後に在庫がなくなり返金になったりすることがあり困ったことがありました。

自宅にいながら食料品が購入できるのは有難いことですが、消費者にとっては品揃え豊富な店舗が嬉しいですよね。

共働き世帯や子育て世代だけでなく、一人暮らしにも有難いサービスであることは間違いないと思います。

重たいものも家まで持ってきてくれるし、高齢者の方へもどんどんサービスが浸透していけばいいのになぁと思います。

雨が続く梅雨の時期などに利用できるのもよいですよね。

他には、新型コロナウイルスに感染し自宅療養中にAmazonフレッシュを利用し助かったという声もたくさんありました。

Amazonフレッシュのおかげで、つらい自宅療養期間中も多くの人が食べたいご飯を食べられたのではないかと思います。

Amazonフレッシュの利用方法は?

Amazonフレッシュ画像3Amazonフレッシュの利用方法は、通常のAmazonでの買い物の仕方と手順は同じです。

簡単に手順を確認しておきたいと思います。

  1. アプリやブラウザでAmazonにアクセス
  2. カテゴリ内にある「Amazonフレッシュ」を選択
  3. 注文したい商品をクリックして買い物かごへいれていく
  4. 全ての商品を選択できたらカートのアイコンをタップ
  5. 配送日時等を指定
  6. 支払い方法や配送先、日時等に間違いがなければ注文を確定し完了

普段から他社のネットスーパーやAmazon等で購入した経験があれば、手続きはスムーズに行えると思います。

注意したいのは、再配達がないので注文確定前に必ず日時の間違いがないかは確認しておくことをおすすめします。

Amazonフレッシュの対象エリアはどこ?ライフとの違いや注意点を調査!まとめ

2022年11月時点でのAmazonフレッシュの対象エリアは、東京都や神奈川県、千葉県の一部となっています。

まだ限られた地域でのみのサービスなので知名度も低いですが、今後対象エリアが広がっていけばより多くの人が利用し商品数も増えていくのではないでしょうか?

家や職場に居ながら、新鮮な食品や雑貨を購入でき希望の日時に配達してくれるありがたいサービスが今後さらに拡大していくことを期待しています。

Amazonフレッシュは共働き世帯や子育て世代だけでなく、一人暮らしや高齢者誰もが助かるサービスなので今後さらに拡大していって欲しいですね。

残念ながら私の住んでる地域は対象外ですが、もし対象エリアになったら絶対に利用したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました