50歳から看護師を目指すのは可能?年収や知っておくべき処世術

50歳から看護師を目指すのは可能なのか調査 雑学

50歳から看護師って目指すのは可能なのかな…」

「看護師を目指したいけど年齢的に難しいのではないか?」

そんなお悩みを抱えている方、いらっしゃると思います。

今回はそんな方に向けて「50歳から看護師目指すのは可能?年収や知っておくべき処世術」というテーマで記事をお届けします。

50歳から看護師を目指す場合にはどんなハードルがあるのか、知っておくべき処世術などご紹介しています。

記事を読むと今後の進路のイメージがつきやすくなるのでぜひ最後まで読んでみてくださいね。

50歳から看護師は目指すのは可能です!

50歳から看護師を目指す

結論から言うと50歳から看護師目指すことは可能です。

近年、社会人や主婦の方が看護師を目指す方が増えています。

中には40代、50代から看護師を目指して頑張っている方もいらっしゃいます。

動機としては「雇用が安定しているから」「他の仕事からの転職」「子育てがひと段落したから」「親しい人の死をきっかけに看取りを学びたい」など様々なようです。

やはり何をするにも遅すぎるということは無いです。

情熱」が全てといっても過言ではないでしょう!「情熱なら誰にも負けない!」という方は、今すぐ行動しましょう!

しかし、看護師といえば専門的で高度なスキルが求められ、業務もハードなイメージですよね。

年齢的なこともあり50歳で看護師を目指すとどんな壁にぶつかるのか知っておきたいという方も多いはず。

次は50歳から看護師を目指すときに知っておきたいことをご紹介していきます。

50歳から看護師を目指すときにぶつかる壁

50歳から看護師を目指す方だけに関わらず、手に職をつけて食べていくことは大変な労力を必要とします。

ちょっと厳しめに書いていますが、これで「無理そう?」と思う場合は辞めておいたほうが無難だと思います。

それではさっそく50歳から看護師目指すときにぶつかるについて見ていきましょう。

主に以下の5つがあげられます。

体力が持たない

夜勤のある不規則な生活や急変への対応、残業も当たり前のところがほとんどで業務の拘束時間が長いなど若い人でさえ体力を消耗しがちです。

夜勤明けで昼前に帰宅して、気が付くと夜になっていて次の日はすぐ日勤という感じで、自分の時間が無いなどハードです。

見た目以上にキツいということは覚悟しておくべきことだと思います。

記憶力が若い人に比べて落ちているため新しいことを覚えるのが難しい

看護の現場では患者さんに関する情報や検査データーなど情報量がとても多いです。

最近は入院日数も短くなったうえに日々担当する患者さんも違ったりと対応する患者さんの人数も多いです。

病棟にもよると思いますが、新しいことを吸収していくスピードがゆっくりだと厳しいでしょう。

年下の先輩、上司とのかかわり

50歳で就職となると職場にいるのは年下の先輩や上司ばかりです。

看護師は体育会系のさばさばしたした人たちが多いので口調や言い方が少しきついと感じる人もいるでしょう。

50歳ということはこれまでの社会人としての経験が豊富な方もいると思うため、年下の先輩や上司との関わりに戸惑う方も多いでしょう。

若い子は、50歳の人には話にくくて話しかけてくれません。コミュニケーション能力とプライドを捨てることは必須です。

50歳の新卒を雇う職場があるのか

大きな病院は教育ラダーを設けて新人を若いうちから教育して長く働いてもらいたいと思っているところがほとんどです。

そのため50歳で新卒となると、大きな病院で勤務することは厳しいと言えます。

逆に選り好みしなければ就職することはできるでしょう!

定年まで十数年しかない

専門学校なら3年、大学なら4年と、長い時間とお金をかけてせっかく看護師の資格を取っても定年まで十数年しかないと少しもったいないと感じられます。

もちろんお金に変えられないやりがいは大きいと思いますが、せっかく資格を取るのなら長く使いたいですよね。

このようになかなか現状は厳しそうですよね。

看護師の平均年収!

看護師の平均年収を調査してみました。

看護師はハードな仕事です。一見高そうに見えますが、ボーナスや夜勤手当や残業代なども含まれた金額です。

総支給額ということになります。この金額から税金や社会保険料が差し引かれます。

令和2年の看護師の平均年収は491万8300円となっています。

(出典:令和2年賃金構造基本統計調査

50歳から看護師を目指すときに知っておくべき処世術

50歳から看護師を目指すときに知っておくべき処世術はずばり、介護分野で働くということです。

なぜ介護分野なのでしょうか。

その理由を3つご紹介します!

就職で年齢が不利になりにくい

大きな病院では基本的に若い看護師の雇用、教育に力を入れています。

そのため50歳の新卒看護師の就職はかなり厳しいでしょう。

しかし介護現場は人材不足ということもあり、年齢やブランクがあることが不利に働きにくいという特徴があるため就職しやすいと言えます。

女性の介護労働者は40歳以上の割合が高く、採用状況も中途採用が84.7%を占めています。

(参考 厚生労働省資料:介護労働者の現状 )

また定年を迎えても再雇用する場合があるため長く働くことも可能です。

社会経験が生かせる

介護分野は人と人とのコミュニケーションを重視する職場です。

そのためその人自身の人間性や社会経験の幅が広いほど重宝されます。

また、ほかの仕事から転職してきた介護スタッフも多いため、病院で勤務するよりも働きやすさがあると思います。

高度な医療技術が求められない

介護施設の利用者のかたは病気があっても容体が落ち着いていて高度な医療技術が求められない方がほとんどです。

急変した時に適切に医療機関に引き継ぎをすることが役割なので、病院勤務ほど新しい知識や技術は要しないと言えます。

ここまで3つご紹介しましたが、それでもやっぱ心配という方もいらっしゃるはず。

そういう方におすすめなのは「准看護師」のお仕事です。

准看護師

准看護師は看護師と同様、医療機関や福祉の分野で診療のサポートや患者の介護などを行う職業です。

看護師との違いとしては看護師が自分の判断で看護業務を行えるのに対して准看護師はそれができません。

医師や正看護師の指示に従って看護業務を行います。

また免許について、看護師が国家資格であるのに対し、准看護師は資格取得試験に合格してから都道府県知事から発行される公的資格になります。

准看護師の資格は全国どこででも通用します。

准看護師の受験資格

准看護師の受験資格は中学卒業後に准看護師養成所もしくは衛生看護科がある高校を卒業していることが条件になります。

働きながらでも准看護師の資格を取れる

准看護師養成所の過程は主に2つに分かれます。

1つ目が全日制です。

全日制では朝から夕方まで授業を行います。

週3日というケースが多いみたいですが、週5日以上授業している場合もあり学校によって変わってくるため統一されているわけではないようです。

学ぶ期間は2年間で2年次に病院での看護実習が入ります。

土日や放課後、長期休みなどは看護助手などのアルバイトをすると勉強にもなりますね。

2つ目は半日制です。

半日制では平日の午後や夜間に授業を行います。

週に5日授業を行うところが多いようです。

こちらも学ぶのは2年間で2年次に病院での看護実習が入ります。

このコースを選択する方は午前中など病院で働きつつ給料や奨学金を病院からもらいながら学ぶ人が多い印象です。

准看護師養成所が気になる方は以下に全国の准看護師養成所のPDFを載せておくので参考にされてください。

全国准看護師養成所 (junkankyo.com)

准看護師資格取得にかかる費用

准看護師資格取得にかかる費用としては学校や受講形式によるのですが、授業料から入学金、施設利用費、実習費などを含めて2年間で100万~200万程度と言われています。

お金に不安がある場合は奨学金や資格支援制度などを調べてみることをおすすめします!

介護分野での准看護師の業務内容

高齢者向けの施設ではバイタルチェックや看護記録の作成、服薬管理といった利用者の健康管理をおこないます。

施設によっては必要に応じて、利用者さんの食事・入浴・排泄の介助といった介護業務を担当します。

高齢者向け施設というと、デイサービスや有料老人ホーム、特養、老健などがあげられます。

施設によって利用者さんの介護度は様々なので求められる役割や夜勤の有無も異なります。

50歳から看護師を目指すのは可能?知っておくべき処世術 まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!

いかがだったでしょうか。

今回は50歳から看護師は目指せるの?知っておくべき処世術というテーマでご紹介しました。

この記事が皆様のお役に立てると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました